マウス腱鞘炎の予防と対策【手が小さい人用】

マウス腱鞘炎の予防と対策

 

マウスを使っているとき、指や腕に突っ張ったような違和感や痛みはありませんか?

 

マウス腱鞘炎が悪化すると、指や腕がつりそうになったり、肩こりや頭痛がひどくなったり、
体のいろんなところに症状が現れるようになります。

 

おかしいな。と思ったら、重症化、慢性化する前に、早めに対策することが大事です。

おかしいな。と思ったら・・・

マウス腱鞘炎は、病院で治療すれば治る!というわけではありません。
原因を突き止め、原因そのものを改善しなければ、何度でも再発してしまいます。

 

マウス腱鞘炎かも?・・・と思ったら、
症状が悪化する前に、まずは次の項目を見直し、原因を探ってみましょう。

 

姿勢を正して作業できていますか?

 

パソコンを長時間使う人は、その姿勢にご注意ください。

 

無理な姿勢・悪い姿勢を続けていると、体が歪み、肩こり・腰痛・頭痛を招いたり、マウス腱鞘炎を慢性化させる原因になってしまいます。

 

 

そのマウス、あなたの手に合っていますか?

 

マウスの裏側やマウスパッドが汚れていたり、長期間の使用によって摩擦で劣化している場合、マウスの滑りが悪くなり、手に負担がかかります。

 

マウスの大きさが合っていない場合も、手が疲れやすくなります。

 

  • マウスやマウスパッドを掃除する、新しいものに変える
  • 自分の手にあったマウスや、マウスの代用品を選ぶ

 

など、マウスの違いひとつで症状が和らぐ場合も多々あります。

 

こまめに休憩をとっていますか?

 

長時間の連続作業は、手だけでなく全身に負担がかかります。
適度に休憩をとり、ストレッチ、ツボマッサージ、軽い散歩をするなどして、作業の合間にリラックスすることも必要です。

 

目安としては、厚生労働省が発表している「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」にもあるように、連続作業時間が1時間を超えないようにすることが理想です。

 

「50分〜60分の連続作業+10分〜15分の休憩」が、疲労を軽減し、作業効率を上げるのに効果的と言われています。

 

とはいえ、疲れの感じ方や集中力の持続には個人差がありますし、、あまり細かくしすぎると、却って作業効率が落ちる場合もありますので、細かい単位できっちり時間を計る必要はないと、個人的には思っています。

 

 

手が小さい私が試した!マウス腱鞘炎の手に優しい入力装置ランキング

ペンタブレットは、ペン型の装置と板状の装置を組み合わせて使うもので、主に、画像を編集・加工したり、イラストを描いたり、細かい作業を快適に行うために使用されます。

 

私がマウス腱鞘炎の時に使用して、一番痛みが軽減されたおすすめの入力装置です。

 

 詳しいレビューはこちら

マウスを移動させず、ボールを回転させることでマウスカーソルの操作ができる入力装置ですので、狭いスペースでも使用することができます。

 

 詳しいレビューはこちら

ノートパソコンやタブレットのように、指をで触れて操作できる入力装置です。

 

2本指での操作、3本指での操作など、あらかじめ操作方法を覚えることによって、便利でスムーズな作業が可能になります。

 

 詳しいレビューはこちら